<プログラム4 島かるた編>
                                                                 150714更新
                                                     小笠原環境教育事務所
                                                          担当 吉井信秋

目的:小笠原にも小笠原村商工会作成の「島かるた」があります。
自然・文化・歴史が46枚に盛り込まれています。
かるた遊びしながら小笠原を学びます。

トップ野外・環境教育
>漂着物


通年 半日5000円(子供4000円) 一日9000円弁当付き(7000円) 
2名様からグループまで’
(10名様以上のグループは送迎ができません・団体料金については要相談)

ステップ1<実体験>:
島かるたで遊ぶ。小型版、大型版(野外用・大人数向け)あり。


島かるた
 

野外向け
 

室内向け
 
 

解説本 
     


ステップ2<知識>
46の題材について学ぶ。

ステップ3<追加体験>
下記項目のうちいくつかを実施
1、再度、かるた遊び。

2.つながりを考える
10枚ほどのカードでつながりを考える。

PB280203
PB280203


3、新たな句を作る
規則:おおむね五七五、題材そのものはいれない、特徴を表す

例:オガサワラオオコウモリ:夕暮れに 黒装束で ねぐら飛び立つ
島寿司:ネタをヅケに からしをつけて 握ります。


ステップ4<振り返りと関連付け>
振り返りしながら生態系や生物多様性と関連付け


山地での実施例>
午前 午後 
8:45-9:00  13:15-13:30  ビジターセンター駐車場集合
受付やオリエンテーション・概要紹介など
 
9:00-10:30  13:30-15:00 かるた体験・知識
10:30-11:00  15:00-15:30 追加体験
11:00-11:30  15:30-16:00 振り返り・関連付け
11:30-11:45  16:00-16:15 移動・送迎
11:45  16:15 宿へ

各種ツアープログラムと組み合わせることによってより効果的に自然を体験できます。
お客様に合わせたコース設定もいたします。

またグループや団体のツアーのコーディネートやアレンジいたします。

春休み・夏休み・冬休みには生徒向け体験プログラムや環境教育を。
ご相談ください。


  お問い合わせは電話04998-2-3423かメールで

メール アイコン
トップ アイコン
最新情報