<小笠原の天然記念物>
                                                       121009更新
                                            マルベリー 吉井信秋
                                                                     
小笠原の天然記念物写真記録です。



カサガイ
あちこちの岩場に生息。
個体数は多いが、
ひそかに採食されているためか、
大きいものは少ない。

オガサワラアメンボ
父島列島の沢に行けば、たいてい見られる。
個体数はかない多い。

オガサワラオオコウモリ
父島で200頭程度だといわれる。
草食性。


オガサワラノスリ
小笠原で繁殖している唯一の猛禽類。
父島で30番程度。飛翔しているのはよく見れる。

オカヤドカリ 写真はムラサキオカヤドカリ
個体数はかなり多い。陸生の甲殻類。
夜行性で海岸付近で多く見られる、

オガサワラゼミ
小笠原ではこのセミ1種類しかいない。
9月以降に見られる。

陸産貝類 写真はカタマイマイの仲間
父島の南部・東部ではまだ見られるが、
プラナリアの影響により激減。

オガサワラクマバチ
夏場はよく飛んでいる。

アカガシラカラスバト
個体数はかなり少ない。
父島では冬場によく目撃される。

オガサワラタマムシ 写真提供池澤様
夏場にムニンエノキのところにいる。

南硫黄島


南島
周辺海域も含めて珍水カルスト地形エリアが
指定されている。

ハハジマメグロ
母島では道路沿いでもよく見られる
そのほか、
メグロ、オガサワラシジミ、シマアカネ、オガサワラトンボ、オガサワライトトンボ、
ハナダカトンボ、オガサワラセスジゲンゴロウ・

マルベリーのブログ 日程表 遊びのメニュー フィールド紹介  父島探検日記 最近の花情報
 
エコツアーについて  予約について  お得な割安エコツアー  参加者のクチコミメッセージ 
ツアー参加の皆様へ
 ルールやガイドライン  スタッフ  
小笠原の戦跡
メディア向けガイド・コーディネート 子づれ旅行の方へ
野外&環境教育  環境保全・地域還元活動   救急手当て    フォトサービス  小笠原の戦跡
 観光ポイント     ビーチ・海水浴情報 小笠原の紹介  子づれ旅行の方へ
春・夏・秋・冬  最近の千尋と旭 南島写真集 レ ポ ー ト 資   料
分担執筆本など小笠原本の紹介  小笠原の光るキノコ   
トップページ  メール