<2005境浦ビーチクリーンアップ結果報告>
(小笠原村商工会青年部事業)

                                                              050601追加
                                                      部長 吉井信秋


小笠原村商工会青年部事業として
2005-5-31境浦にて、ビーチクリーンアップを行った。
その結果を報告する。


境浦ビーチクリーンアップ結果報告(小笠原村商工会青年部事業)
                                                                                        

 小笠原村商工会青年部事業として2005-5-31宮の浜にて、ビーチクリーンアップを行った。

 その結果を報告する。


全員で集合写真。

支庁長も参加してくれました。
次回は村長や村議にもお願いしよう。

クリーンアップ後、海洋センターのご協力により
アオウミガメの産卵についてのレクチャーを実施。

日時:2005-5-31 930-1130

場所:境浦 砂浜およびその周辺エリア

参加人数:36 人人

協力者所属先(順不同)

 :小笠原支庁・村役場・海上保安署・小笠原村観光協会・小笠原海洋センター・
  民宿がじゅまる・民宿ささもと・ラオ・境浦ファミリー・ブルームサービス・ソルマル・シートピア・
  浦野かすみ様・新井貴美様・
JASOM様・マルベリー・商工会事務局



結  果

  総量:200kg


 内訳:個数順

1 硬質プラスチック破片       894
2 ロープ・ひも           227
3 発泡スチロール(1立方cm以上)   221
4 ふた・キャップ         207
5 プラスチックシートや袋の破片  127
6 生活雑貨               93
7 カキ養殖用パイプ         84
8 かご漁具              83
9

発泡スチロール(1立方cm以下)    81

50個以上のもの
(順不同)

金属破片60個・飲料用プラボトル51個、魚網53個、
ウキ・フロート・ブイ52個、漂白剤・洗剤ボトル60個、
食品包装・容器68個など。


  結果まとめ

・昨年の同時期のデータと比較すると総量が半分以下に減った。(昨年は480s)

 今回もゴミをほぼ取りきっている。

 これは、今までの継続的な活動によって、
 1
年以上の長期に渡ってたまっているゴミがなくなっているためと考えられる。


・ゴミは硬質プラスチック破片が際立って多く、他もプラスチック類が大半を占める。

 また漁業並びに釣り関連が2.57位を占め、ほかにも多数ある。

 生活雑貨が上位に入ったが、他はおおむね毎回同様の傾向が見られる。


・20057月および10月ごろにもクリーンアップを予定(場所は未定)。

 最後に、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました

                                                         以上
関連リンク:http://www.jean.jp/

メール アイコン
BACK