<聟島ビーチクリーンアップ2006報告>
(小笠原島漁業協同組合事業)

                                                                060910追加
                                                  マルベリー 吉井信秋


小笠原島漁業協同組合事業として
2006年度は3回の聟島のビーチクリーンアップを行った。
そのうち、2006/7/30と2006/8/26の2回に参加した。
その結果を報告する。



聟島遠望

1回目の場所、島の東側

近景

参加者

浜辺

上から見た海岸

作業

和船での運搬

2回目の場所、北側の海岸:掃除後

遠望:掃除後

ゴミの様子

ゴミ近景

作業

ごみ収集後

日時2006-7-30  2006-8-26  6:50集合-17:00頃解散
     漁船での移動、片道約3時間 作業および昼食休憩で2時間半ほど。

場所
:聟島 1回目東側海岸 2回目北側海岸

       上陸は和船に乗り換えして、浜辺に上陸

参加人数2回とも20名ほど

作業方法

  各自ゴミ袋にゴミを集め、たまったら浜辺に運ぶ。
     ビン・金属・空缶などは分別。
     ペットボトルはおおむね、汚いので、分別せず、プラと同様燃えるゴミ。

  ある程度、袋がたまったところで、和船によって、本船へ回収。

  本船では、大きなトン袋に回収。
       6トン分(6袋)で終了。

結果まとめ

 小さな海岸でも、作業やってみるとかなりのゴミの量となる。
 2回とも6袋分くらいたまった。
 小型のプラスチック系が圧倒的だが、
 なかには魚網・ブイ・タイヤやポリタンクなどの大型ゴミもあった。
 
 奥のハマゴウの群落の下側に入り込んでいるものも多数あり。
 入り込んでいるものまで取るのはかなり困難。
 また、かなり上方までゴミが打ちあがっている。

 和船での上陸のため、石ころの多い海岸は上陸が困難なので、
 やれる場所が限定される。

                                                         以上
関連リンク:http://www.jean.jp/

メール アイコン
BACK