<分担執筆の本>

                                                               150622更新
マルベリーが分担執筆した本や報告書などの紹介。
トップ  >分担執筆
メール

読んだ本・雑誌(ブログ直結) はこちら

「海・山・川のおくりもの 目からウロコの大生き物展!」
図録
日本沿岸域学会誌
2015 第27巻 第4号
2013-7月 
沖縄県立博物館・美術館
2015-3-31発行
日本沿岸域学会
目からウロコの第57話
「東洋のガラパゴス」から「世界自然遺産・小笠原」へ
の解説・写真。
P64-70、
世界自然遺産の島
小笠原諸島におけるエコツーリズムの展開

ネイチャーガイドと歩く小笠原  国立公園協会機関誌
國立公園2011年9月号(696)
2011-7月 
実業之日本社 ブルーガイド編集部
野生生物研究会 受託
国立公園協会機関誌
2011年9月号 696号
千尋岩コース、戦跡、ナイトツアーをガイドしました。
48-51ページ、植物・生物のミニ図鑑執筆。
写真数点提供など。
7-10ページ
「観光資源としてのオガサワラオオコウモリ」

平成22年度
地域ボランティア等による.在来種植栽地における
植栽木の生育状況調査事業報告書
エコツーリズムを学ぶ人のために
2011-3月 
林野庁 関東森林管理局

野生生物研究会 受託
2011年5月10日第1刷 世界思想社
真板 昭夫 編/石森 秀三 編/海津 ゆりえ 編
定価2,625円(税込)
四六判/368頁
ISBN978-4-7907-1502-3
野生生物研究会受託

生育状況調査(分担担当)と
データ取りまとめ(主担当)をしました。
(231−233ページ)3ページのコラム
「世界自然遺産を目指す小笠原でのガイドにおいて
を書きました。

企業診断
2008年10月号  vol.55
同友館発行
特集「観光はビジネスだ!」において
小笠原のエコツーリズムとエコツアービジネス
26−31ページの6ページ分で
小笠原のこと、エコツーリズムについて、
エコツアービジネス、小笠原のエコツーリズム、
小笠原での暮らしなどを書きました。
ブログ記事

エコツーリズム推進法の解説 生物多様性の島・小笠原諸島で
環境を学ぶための活動の手引き
(報告書)
2008年初版  株式会社ぎょうせい 
編著・愛知和男・盛山正仁  
1950円(税込み)
ISBN978-4-324-08577-6
2011-3月国土交通省
受託 株式会社アール・ピー・アイ(R・P・I)
吉井信秋は先進地域からのレポート「小笠原」
を執筆しました。

愛知先生からサインをいただきました。                 
アクテイビテイ部分のうち10を担当・執筆

小笠原の植物 フィールドガイド 小笠原ハンドブック

2002-6-1初版 出版社・風土社  
著者・小笠原野生生物研究会  1050円  ISBN4-938894-59-9
2004-9-30初版 株式会社南方新社
編著者 ダニエル・ロング 稲葉慎 1575円
ISBN4-86124-015-8
小笠原で一般的に見られる植物を、
人里・海岸・山地に分けて、またシダや希少種なども紹介している。
説明は簡潔にし、写真をなるべ多く取り入れた。
吉井信秋は山地について執筆担当。
コンパクトサイズで、携帯にも便利。                   
歴史・文化と陸と海の生物のハンドブック。  
吉井信秋は植物編を分担執筆。

小笠原植物図譜 平成17年度
小笠原諸島の自立的発展に向けた
歴史・文化探訪観光基礎調査 報告書 (非売品)
       
1981初版  アボック社 編者・豊田武司    
増補改訂版   10000円
2006-3 国土交通省
受託 財団法人 日本交通公社
小笠原の植物の事典であり、
バイブル的存在となっています。
自生の樹木・草本はほぼ網羅。
シダも主要なものは網羅。

吉井信秋は一点だけ写真提供。                   
小笠原の歴史・文化を観光に生かすための
調査報告書。
資料編で歴史・文化を総括している。、

吉井信秋は歴史文化資料編の約半分を執筆。


小笠原村戦跡調査報告書 (非売品) 小笠原 島かるた〜ボニンのたからもの〜
(現在非売品)
        
平成14年3月 小笠原村教育委員会

2006-7-1初版発行
小笠原村商工会内 島かるた制作委員会
父島と母島に残る主要な戦跡の調査報告書。

吉井信秋は現地調査員として調査に協力。
                   
小笠原の歴史・文化・自然を、
46のたからものとして織り交ぜた島かるた。
読み札は公募による。

吉井信秋は制作委員長および
読む札・解説文作者の一員。

メール アイコン
トップ アイコン