<フィールド紹介>
                                                                 100421更新
 フィールドツアーの代表的コースと山や沢歩きのコースを紹介します。
マルベリーのツアーではご希望にあわせて、組みあわせも可能です。
森林生態系保護地域の設定により、
ルート制限ができ、ツアーコースは減りました。
トップフィールド紹介

マルベリーのブログ 日程表 遊びのメニュー フィールド紹介 父島探検日記 最近の花情報
 
エコツアーについて  予約について  お得な割安エコツアー  参加者のクチコミメッセージ 
ツアー参加の皆様へ
 ルールやガイドライン  スタッフ  
小笠原の戦跡
メディア向けガイド・コーディネート 子づれ旅行の方へ
   野外&環境教育  環境保全活動   救急手当て    フォトサービス  小笠原の戦跡
 観光ポイント     ビーチ・海水浴情報 小笠原の紹介  子づれ旅行の方へ
春・夏・秋・冬  最近の千尋と旭 南島写真集 レ ポ ー ト 資   料
分担執筆本など小笠原本の紹介  小笠原の光るキノコ   
トップページ

参考:観光ポイント・山頂



山歩き超定番コース
千尋岩(ちひろいわ)・ハートロック

やや距離あり・岩場少し・往復コース・1日

父島の南端にある通称ハートロックの絶壁の上が目的地。
母島や南島が一望でき、素晴らしい絶景です。
北袋沢から沢筋の旧道を登り、途中はジャングルの中を通ります。
軍用車やレーダー受信設備の残骸も見られます。

また、衝立山からの南袋沢を見下ろす景色も絶景です。

コース詳細


 ハートロック

山歩き定番コース西海岸方面

距離あり・なだらか・旧道往復コース・1日

北袋沢から出発。
木々の生い茂るなだらかな旧道の跡をずっと通ります。
途中にはシダの生い茂るところや、ガジュマルの大きな林もあります。
また、軍用車の残骸も。
西海岸は比較的広い浜で鶯色の砂。


西海岸


ツツジ山
アップダウンあり・岩場あり・往復コース・1日

巽道路終点から旧道を歩き始めます。出発地点から南方が見渡せ、ツツジ山がよく見えます。
途中から旧道を離れて、ツツジ山を登ります。
頂上から中海岸の展望が素晴らしいです。
旧道に戻りさらに進み、別の登り口から奇岩・朝立ち岩へ。
ムニンツツジは絶滅危惧1Aでツツジ山付近にのみ自生し、3−6月ごろ真っ白な花を咲かせます。

朝立ち岩には今も残る大きな壕のある陣地の跡。
(北袋沢方面からのコースも可能。)

ツツジ1
ムニンツツジ


森歩き超定番コース
東平(アカガシラカラスバトサンクチュアリー)
誰でも・なだらか・周遊/往復コース・半日/1日

中央山付近の海よりのなだらかな台地上のコース。
乾性低木林の代表的な場所で
固有種の非常に多く、植物観察中心のコース。
アサヒエビネランやムニンノボタンなどの希少種も自生。
沢沿いには高木や木性シダも。
海沿いに近づくと樹木は背丈ほどの矮低木になり、
初寝山からの展望も素晴らしい。


コース紹介
  
アサヒエビネ


準定番 夜明平
だれでも・なだらか・周遊/往復コース・半日

夜明山と旭山の中間に位置する、なだらかな台地上のコース。
高木林から尾根上の矮低木林へと、変化していきます。
沢筋はオガサワラビロウやメヘゴが群生している所もあります。
そして、ある沢沿いを下っていくと、戦闘機・マスタングの残骸も。

ムスタング残骸


戦跡定番コース夜明山
対象:誰でも・なだらか・周遊コース・半日

夜明山周辺の比較的なだらかなところで高木や木性シダの多い場所です。
そして、夜明山には見応えのあるたくさんの戦跡が残り、
ジャングル歩きと同時に戦跡や展望も楽しみたい人に、
アドベンチャーなコースです。
コース詳細紹介 

浜江丸1
境浦を望む

陸軍高射砲


秋から春の準定番コース野羊山
アップダウンあり・岩場あり・往復コース・半日

洲崎から登って行きます。
夏場はギンネムなどが生い茂りやすく、また暑く、やや不向き。
頂上からは南島方面・三日月山方面とも望めます。

おが丸の入・出港を見るのにおすすめな場所。
途中には野砲陣地があり、頂上には軍の見張り場所の名残が。
野羊山
三日月山を望む


時雨山

アップダウンあり・岩場あり・周遊コース・半日

巽道路から時雨山に向かいます。
尾根筋の道は岩場や裸地が多く、見通しのよい場所もあります。

独立した山のため、頂上からな眺めは素晴らしい。
直下の時雨ダムや小港方面が一望でき、
周辺を取り巻く山並みも素晴らしい。

途中には沢もあり、野生化したバナナや希少種チクリンカも。
ハカラメ
ハカラメ


定番コース長 崎
誰でも・遊歩道あり・階段あり・往復コース・近い

展望台と尾根筋への遊歩道を歩きます。
乾性矮低木林の代表的な場所。
希少種ムニンビャクダンが自生。
展望台からの瀬戸の見晴らしや尾根筋からの二見港の見晴らしは抜群。
探照灯も残っています。
風景13
長崎岬 


電信山(長崎〜釣り浜〜宮の浜)
誰でも・遊歩道あり・階段あり・往復コース・半日

長崎から釣り浜・宮の浜へと続く、兄島瀬戸を見下ろす尾根筋の遊歩道。
乾性矮低木林や岩場の多い道で、夏場は暑くて不向き。
道のりは長崎に向かう方向が登りになります。
ところどころの瀬戸の見晴らしや二見港の見晴らしは抜群。
探照灯や陣地跡も残っています。
釣り浜口や宮の浜口からは浜辺に出れます。
風景06
宮の浜


中央山

誰でも・遊歩道あり・階段あり・往復コース・近い

遊歩道を歩いて、展望台・見晴台に上ります。
山頂には案内板があり、展望台には望遠鏡も設置。
山頂からはほぼ360度水平線が広がっています。
遊歩道は固有種の豊富な木々の中を通り、山頂付近からは矮低木になっています。
遊歩道からはずれますが、
この付近も、かなり山砲や壕などの戦跡が多数残っています。


シャシャンボ
ムニンシャシャンボ


旭山

対象:だれでも・遊歩道あり・階段あり・半日

遊歩道を歩いて、旭山山頂・旭山南峰へ向かいます。
木々に囲まれた遊歩道は歩きやすく、
山頂付近は矮低木で、見晴らしも抜群。
固有種も豊富に。希少種のムニンビャクダンも自生。
おが丸の入・出港を見るのにお勧め。
冬場運がよければ、アカガシラカラスバトとの出会いも。
 風景03
二見湾を望む

ジョンビーチ・高山
やや若向き・遊歩道あり・アップダウンややきつい・往復コース・1日

小港から、遊歩道がジョンビーチまで続いています。途中ブタ海岸を経由。
道は日があたるところが多く、またアップダウンがあるので、
夏場は暑くて不向きです。

途中の分岐で高山経由でもいけ、展望は素晴らしいですが、
かなり遠回りになります。チャレンジコース。

ジョンビーチはとても砂浜が美しいところです。日陰が少ないのがたまにきず。
ジニービーチも丘を超えれば、行けます。
風景27
ジョンビーチ


赤旗山
岩場あり・登りやや急・往復コース・半日


巽道路終点より旧道を少し入ったところから
海側の尾根筋の旧塹壕沿いを伝って行きます。
いくつかのピークがあり、巽湾や東海岸、鳥山の展望が素晴らしい。
またピークのひとつにはムニンツツジが保護増殖のため植えられています。
途中は林の中を歩きますが、ピークに出るたびに岩場や裸地になっています。
ハウチワノキ
ハウチワノキ

三つ岩崎方面 (ルート閉鎖)
岩場あり・比較的なだらか・往復コース・半日/1日


巽道路より野戦病院跡を抜け、旧道を行く。
いまだに、戦前の器類などが散在しているところもあります。
途中いくつかの沢沿いを通り、そこでは、リュウビンタイや木性シダが生い茂る。
父島でも、代表的なうっそうとしたジャングル風のところ。
途中には戦前の名残のシュクシャや竹林、バラなどもみられ、
人の活動の跡がうかがえます。


焼場海岸
誰でも・歩道あり・階段やや急・往復コース・短時間


島では一番のサーフィンポイント。コペペ海岸のすぐ近くにあります。
ここの海岸は基本的にモクマオウ林。、
海岸は玉砂利で、グンバイヒルガオがたくさん生育しています。


ブタ海岸沢歩き (休止中)
沢沿いの岩場・往復コース・1日

小港から中山峠を越えて、ブタ海岸に出ます。
ブタ海岸から、南袋沢の低地を流れる沢を登っていきます。
ずっと低地を流れていて、ほとんど平らな岩場です。
戦前の屋敷跡やガジュマルなどがあちこちにみられます。
下流ではオオウナギの姿も。
風景12

 


  お問い合わせはメールか電話で。
ご予約は電話04998-2-3423で

メール アイコン
トップ アイコン
観光ポイント