〜日本エコツーリズム協会推奨 グッドエコツアー〜
南端部の絶景崖上ポイント
<千尋岩・ハートロックコース>

171022更新
 マルベリー
トップメニュー山歩きハートロック   

日程表はこちら    定番ツアー予約はこちらから


マルベリーのウリ
人気の千尋岩コース。どこの業者も行程はおおむね同じです。
他の業者さんと時間が重ならないよう、
マルベリーでは少し早めに出発を心掛けています。
そのため、
千尋岩到着は一番手・二番手が多いです。すいている千尋岩を満喫します。

混んできたら、早めに出発します。
そのため
帰路の人気スポット・ガジュマル林もだいたいすいています。 
 このコースのウリ
千尋岩の展望、高木性樹林、ガジュマル林、ヤギの目撃、春はザトウクジラなど

(植物相はこのルートならではのものはあまりないです。植物好きは森歩きをお勧めします。)
 ツアー代:弁当込9000円
集合:まちなか8:15ビジターセンター駐車場 扇浦8:30海岸バス停・休憩所
はきなれた靴、リュック、水1-1.5lL程度以上、雨具の装備で。
 申込みは 
04998-2-3423あるいはメール
  千尋岩ツアーの紹介(ブログ・MAHANAの日々)  ガイド風景(日経の記事)

<行程写真>
 
日本エコツーリズム協会推奨グッドエコツアー
千尋岩コースの紹介 
 
目的地はハート右上です。
 
 
千尋岩からの景色
動画  千尋岩360度展望  
小港園地コース  

出発してすぐの常世の滝
この先は滝上流の沢筋の軍道です。

沢の様子
 
ワラビ坂 
蛇行道になっています。

2012年夏場に
やや幅広の足場がかかりました。

タコヅルの繁る軍道沿い


軍用車の残骸も残ります 

通信室の残骸

軍用車残骸

目的地15分ほど前の
やせ尾根道。 ロープあり。 

目的地直前 森林を抜けたところ

目的地からやせ尾根の遠望。  



ガジュマル林
動画  ガジュマルの樹の上から

ガジュマルロープターザンは
できるときとできないときがあります。

目的地 赤土の平坦な場所です。 
 
 
 
 
 巽終点コース(補足)  

橋のない沢のところ

中海岸を見下ろす場所

巽谷砲台 

ガジュマル

朝立岩 
 

<ルートマップ>
                                           
小港園地駐車場から往路復路2時間15〜30分程度の行程です。
歩数にすると15000-1600歩程度です。標高差300Mです。
有名どころの山・低山のハイキングレベルです。
高尾山、筑波山、鋸山、古賀志山など。

ルートの大部分は戦時中の軍道です。
当時は軍用車が走るサイズ道幅で、ほとんど緩やかな坂道です。
路面は石敷きになってたようです。
基本的には歩きやすいルートです。
ただいまでは荒れていて、道がやせている場所や草木が繁茂しているところ、
ルートが変わったところなどあり、
一部岩場の斜面もあります。

入り口は2ヶ所あります。
北袋沢口(小港園地)からが一般的なルートです。
ちなみにもう一ヵ所は大滝口(巽終点)からでワラビ坂上で合流しますが、
北袋沢口よりやや歩く距離が長くなります。
また帰路の大滝口方面で上りがあります。
(マルベリーツアーでは、車の送迎を頼んでいおいて、
大滝口入りで北袋沢下りの時もあります。)

両ルートとも
入林パスが必要なルートですので、観光利用はガイドさんと同行のツアーとなります。
ガイド1人付最大10人が最大定員です。


小港園地(北袋沢往復コース)

北袋沢口入りでは5分ほどでいったん岩場の斜面に出ます。
そこを越えると常世の滝で、それからは沢筋ルートです。
20分ほど歩きます
緩やかな上りですが、疎林で谷間のため、夏場はかなり暑く感じます。

沢筋を離れると、風も抜けるようになります。
さらに行くとワラビ坂です。蛇行しながら上ります。
このあたりで一休みです。

これを過ぎると高木性の森林になり、道はジャングル道の様相です。
壊れかけた木橋が3回あります。
(2012年に木橋が整備されました。)

往路は最短ルートで行くとすれば、
2つ目の木橋の手前から、少し沢筋を上ります。
戦前植栽のインドゴムノキ大木が見られます。
そこから別な軍道をまた上ります。

しばらく上ると別なルートとの合流点につきます。
またもう一度このあたりで一休み。

ここからは衝立山に至る尾根道です。
少し行くと軍事関係の残骸・陣地あとなどが出てきます。

そして尾根を上りつめると、
陸軍のレーダー施設(電波警戒機)やコンクリートの通信室があらわれます。
このあたりがルートの最高標高地点約300Mです。
衝立山の山頂ははっきりとはよく分かりません。

このあと緩やかな道を5分ほどで
細い急な下りの尾根道(階段整備済み)に出ます。
このやせ尾根の上から15分程度で目的地です。

階段を慎重に下ります。5分ほどです。
あと残りは平坦な道です。


森を抜けて赤土が見えてきたらそこが目的地です。
ハートロックの右側の切れ目に到着です。

最後に坂を上って右のハートの上に。 250M近い断崖の上です。
絶景です。南島・母島・冬にはクジラも見えます。


絶景を楽しみながらゆっくり弁当タイム。
お昼寝も気持ちのいい場所です。


昼食後は帰路です。
帰路はガジュマル経由の大回りの道ですので、
15-20分ほど行程が長くなりますが、
基本は下り道なので、楽だと思います。

衝立山の尾根道の合流点までは同じ道です。
30分ほどです。

合流点からは大回りの別な軍道です。
途中に軍用車もあります
15分ほどでガジュマル林につきます。ここで休憩。

戦前の人家跡のガジュマル林。いろいろ遊べて楽しめます。

ガジュマルをあとにまた帰路へ。
平坦な道がしばらく続きます。
途中また軍用車を見ます。さらに木橋を2つ越えます。

2つ目の木橋を越えたところで往路の道に合流です。
ガジュマルから20分ほどです。
また少しいくともう1つの木橋です。

そしてワラビ坂。ゆっくり下ってここらでもう1回休憩。

このあとは沢筋の道を20分ほどです。

無事、駐車場に戻りつきました。お疲れ様でした。


大滝口(巽終点)からの往復コース。

このコースは北袋沢コースに比べると、
距離にして30分ほど遠回りとなります。
スタート地点はすでに標高200m以上の場所です。

道に入ってすぐに小道を入ると、見晴らしのいい岩場に出ます。
南部が一望できます。

岩場を下って、森の中の道に入ります。

緩やかな下りが続きます。
赤土が露出して滑りやすいところがありますので要注意です。

その後、また上っていくと、躑躅山の上り口です。
ここまで30分ほど。

ここから先は巽谷のほうに向かって下りが続きます、。
途中で、巽・中海岸が一望できます。

巽谷のほうまで下ると、橋のない沢が出てきます。
滑りやすいので気を付けて岩場をわたります。

その後、また上りって行くと、朝立岩の上り口に。

そこのわきに巽谷砲台と大きなガジュマル林があります。
通常、帰路に立ち寄って遊びます。

そこからしばらく下ると、北袋沢からの合流です。
ここまで1時間15-30分ほどです。

このあとはしばらく平らな道です。

2つ目の木橋の手前から、少し沢筋を上ります。
戦前植栽のインドゴムノキ大木が見られます。
そこから別な軍道をまた上ります。

しばらく上ると別なルートとの合流点につきます。
またもう一度このあたりで一休み。

ここからは衝立山に至る尾根道です。
少し行くと軍事関係の残骸・陣地あとなどが出てきます。

そして尾根を上りつめると、
陸軍のレーダー施設(電波警戒機)やコンクリートの通信室があらわれます。
このあたりがルートの最高標高地点約300Mです。
衝立山の山頂ははっきりとはよく分かりません。

このあと緩やかな道を5分ほどで
細い急な下りの尾根道(階段整備済み)に出ます。
このやせ尾根の上から15分程度で目的地です。

階段を慎重に下ります。5分ほどです。
あと残りは平坦な道です。


森を抜けて赤土が見えてきたらそこが目的地です。
ハートロックの右側の切れ目に到着です。

最後に坂を上って右のハートの上に。 
250M近い断崖の上です。
絶景です。南島・母島・冬にはクジラも見えます。

絶景を楽しみながらゆっくり弁当タイム。
お昼寝も気持ちのいい場所です。

昼食後は帰路です。

インドゴムノキあたりで休憩を取ります。
ここまで40分ほどです。

次は朝立岩ガジュマルま30分ほどで着きます。

洞窟をのぞいたり、ガジュマルで遊びましょう。

ここからは1時間から1時間15分程度で
駐車場に戻れます。

巽谷からの上りがありますが、
がんばってください。

最後にもう一度岩山から眺めを見て帰りましょう。
無事、駐車場に戻りつきました。お疲れ様でした。


  お問い合わせは電話04998-2-3423かメールで

メール アイコン
トップ アイコン