<東平アカガシラカラスバトサンクチュアリー>
〜あかぽっぽの森〜

                                                                 110608更新
                                                          マルベリー
トップメニュー森歩きあかぽっぽ
日程表はこちら

Google
WWW を検索 http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/を検索


<ルートマップ>
写真はページ下部にあります。 

「林野庁パンフレット」配布物(地図部分)
「ルート概略」

このルートは東平という名のとおりなだらか地形の森林です。
指定ルートで入林パスとサンクチュアリーパスとが必要です。

入り口付近は乾性低木林でバファーゾーンのエリアは沢があり湿性タイプの高木林です。

自然観察路やバッファーゾーンルートを周回すると1.5時間〜2時間ほどのコースとなります。
(バッファーゾーンは11月より3月末まで野生動物の保護のため歩けません。)

なお初寝山へ目指すルートは、沢からの分岐より30-45分ほどかかります。
地形は尾根道でなだらかですが、乾性小低木林でやぶ漕ぎのような道です。

初寝山からの東側の眺めは絶景です。
初寝山往復コースは2時間ほどです。
「モデルルート紹介」

入り口にすぐに外来種除去のための足ふきマット、案内看板、人数カウント装置があります。
靴をマットでゴシゴシこすります。
案内板でコースの概要説明をを受けます。
人数カウント装置に石を入れます

コースのはじめは旧道跡の自然観察路です。
わりとゆったりとした道で、砂利敷きやサンゴ敷きとなっていますす。

しばらくはシマイスノキ・ムニンヒメツバキ型乾性低木林です。
固有種は普通にあり、稀少植物もまじっています。

入り口から10−15分ほどで分岐に来ます。

左側の門のある木道を行きます。
少し行くと刈れ沢を越えます。(雨の日は水が流れています。)
それを越えると、ムニンノボタンの植栽地(保護増殖)です。
8月ころ花の時期です。

このあと道はタコヅル繁るところを抜けます。

沢のところで、分岐になります。
沢を越えると、初寝山に至る乾性小低木林へと。

沢を越えずに右に入ると、期間限定(11/1〜3/31閉鎖)のバッファーゾーンです。

沢筋に並行するように道は奥に続きます。

道は2回ほど沢を越えます。
湿性の高木林へと移り変わっていきます。だんだんジャングルのようです。

バッファーゾーンの奥の方は沢筋と森林の中の道を一回りします。
コース中で一番高木性の場所です。

その後、戻りつつ、沢筋の別な道に別れ、小さな丘を越えます。

丘の上は明るい森林です。

すぐに下ると、メヘゴ(木性シダ・父島特産)の群生地です。
ほとんど日の差さない場所です。

もうその上はすぐ広い自然観察路です。
ゆっくり下っていくと、木道との分岐まで戻ります。

そこにはイスがあるので一休みもいいでしょう。

ここからあとは10−15分。
一度通った道。おさらいをながら歩いてみて下さい。

無事、駐車場に戻りつきました。お疲れ様でした。

<行程写真>

案内板

入り口付近

左の筒に人数カウント用の石を入れます

手前右の上で足をこすりを種子を落とします

沢筋
小さなエビやオガサワラアメンボがいます。
そっと観察してみましょう。

タコヅルの繁る道沿い

ムニンノボタン植栽地
8月には花も見れます。

期待しても、まずお目にかかれません。
出会う確率は数%。

バッファー奥の高木林

バッファー奥の沢筋の道

  お問い合わせは電話04998-2-3423かメールで

メール アイコン
トップ アイコン
戻る